福岡県「コロナ特別警報」引き上げ検討 行動制限は実施しない方針



新型コロナの一般動画

福岡県では、新型コロナの新規陽性者が初めて9000人を超えました。県は県独自の「コロナ警報」を「特別警報」に引き上げることを検討していますが、行動制限は現時点では実施しない方針です。

福岡県がん感染症疾病対策課 牟田口徹課長「コロナ特別警報は、感染状況や新たな変異株の状況、また重症病床、いくつかを考慮すべき事項があるので、そういうものを踏まえた上で判断する」

福岡県は、現在の「コロナ警報」を「特別警報」に引き上げたとしても、行動制限は伴わない形で県民に注意を呼びかける方針です。

一方、20日に会見を開いた福岡県医師会は、現在の感染状況について「第6波をすでに超えた状態」だとした上で、「医療体制はひっ迫していないが、油断はできない」と指摘。
その一方で、県が「行動制限」を伴わない対応を続けていることについては、「重症病床がある程度ひっ迫しなければ対応できる」との見方を示しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました