新型コロナ発生届を簡素化へ 全数把握「今後検討」(2022年8月5日)



新型コロナの一般動画

 医療現場の負担を軽減するため、後藤厚生労働大臣は新型コロナの発生届の簡素化を進める方針を発表しました。

 医師がコロナ患者の個人情報や症状を書き込む発生届について、厚労省は6月、患者の職業や感染地域など一部の項目を削減しました。

 後藤大臣は4日、65歳未満の場合や重症化リスクが低い場合はワクチン接種の回数などの記入を省略する方針を明らかにしました。

 一方、専門家から提言があった感染者の全数把握の見直しについては「今後検討する」と述べるにとどめました。
[テレ朝news] news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました