新型コロナワクチン 90代女性 接種後死亡で初の救済認定【モーサテ】(2022年7月26日)



新型コロナの一般動画

新型コロナワクチンの接種後に死亡した90代の女性について、厚生労働省の審議会は接種が原因で死亡した可能性が否定できないとして、死亡一時金の請求を認めました。新型コロナワクチン接種後の死亡例での救済措置は初めてです。遺族には、死亡一時金として最大4,420万円、葬祭料として21万2,000円が支給される見通しです。接種したワクチンの種類や接種回数などは明らかにしていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました