岸田首相が春に引き下げを表明 新型コロナの5類移行 訴え続けてきた医師は



新型コロナの一般動画

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけについて、岸田総理がこの春に5類に引き下げることを表明しました。早い段階から2類相当から5類への引き下げを訴え続けてきた医師を取材しました。

【長尾クリニック 長尾和宏名誉院長】
「5類にしたほうがキャパシティーが広がるから医療逼迫が起こりにくい。発熱難民と言われている人が今でもいるが、それが解消されて平時に戻っていくと。毎年インフルエンザが結構増えても別に医療崩壊しないわけですね。5類にすることで医療崩壊を防げるということをご理解いただけたらなと思う。
なかなかそうじゃないという人もいらっしゃるみたいで、現場感覚とはズレています」

これまで3000人以上の新型コロナ患者を診察し、ワクチン接種後の後遺症患者を診てきた尼崎市の長尾クリニックの長尾和宏医師。早い段階から感染症法の位置づけを5類以下に移行する必要性を訴えてきました。

【長尾院長】(2022年1月放送)
「インフルエンザと同じような扱い。これは5類と言いますけど、5類にしてほしいことを強く現場の医師として要望いたします」

【長尾院長】
「5類になることでインフルエンザと同じ扱いということで、従来インフルエンザを診ていた医療機関が同じようにコロナも診られる。発熱患者を診察する医療機関が増えると思いますね。
現在は医療機関、開業医から病院に直接入院を依頼することが一切できません。開業医が電話しても『コロナですからとコロナは保健所からの連絡しか受けません』と病院に応えられます。保健所を介さないでドクターとドクターでやりとりできるということで病院側も非常に助かる。詳しい医療情報を得て無用な医療逼迫がなくなる。
もし悪いことがあるとしたら一点だけ。医療費の負担が現在のコロナに関しては無料ですよね。例えばいろいろな薬、検査などで何千円かかかったとして、コロナもかかるというだけのことで法外なものにはならないと思うんですよね。生活困窮者や高いコロナの新薬を使った場合に、何らかの助成をすることはあっていいと思うんですね」

【制作著作】サンテレビ
©SUN-TV,co.ltd
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
サンテレビニュース チャンネル登録はコチラから!↓↓
www.youtube.com/channel/UCtf-aWCCwZPep5woQd9lAIQ?sub_confirmation=1

地域に密着したニュースを毎日お届けします!
<放送時間>
平日11時55分、15時00分、17時30分(キャッチ+後半)、21時24分
土曜13時00分、17時30分、21時24分
日曜18時00分(ニュースSUNデー)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
#サンテレビニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました