コロナ禍からの早期回復! 丸山としろう5つの政策【コロナ禍を乗り越え、持続可能な次の未来へ!】〜持続可能な観光地を目指して〜



新型コロナの一般動画

丸山としろう後援会では、白馬村長選挙立候補予定者の丸山としろうが考える政策を動画でお伝えいたします。

【コロナ禍を乗り越え、持続可能な次の未来へ!】
〜持続可能な観光地を目指して〜

観光再開のチャンスに乗り遅れることなく早急な景気回復を図り、基幹産業である観光業を中心とした白馬の関連産業を立て直して地域経済の活性化に取り組みます。

ポイントは3つ

■ 白馬ならではの独創的なコンテンツに磨きを掛け、付加価値を創造して、オールシーズンの滞在型リゾートを目指します。

■ 観光局や振興公社、ハクババレーツーリズムなど各種観光組織・団体の役割を整理し、このエリアの観光を牽引する組織体制をさらに強化していきます。

■ 宿泊業などの後継者不在の事業者と起業希望者とのマッチングや、空き家・空き店舗の活用をすることにより、事業や建物の持続可能性も大切にしていきます。

以下、お話しした内容を記載します。

コロナ禍からの早期回復を図り、持続可能な観光地を目指します。
新型コロナウイルス感染症は、私たちの暮らしを一変させ、白馬村にも大きな損失をもたらしました。一方で、白馬村が世界に誇るこの自然環境は、コロナ禍にあっても密を避けて満喫することのできる、魅力的な資源であることが再認識されています。
そうした地域資源を活用し、観光再開のチャンスに乗り遅れることなく早急な景気回復を図り、基幹産業である観光業を中心とした白馬の関連産業を立て直して地域経済の活性化に取り組みます。

自然環境や、アクティビティ、スポーツ、宿泊施設、温泉、食、歴史、文化、人、ストーリーなど白馬ならではの独創的なコンテンツに磨きを掛け、付加価値を創造して、オールシーズンの滞在型リゾートを目指します。その際には、国内外へのトップセールスも非常に重要になって来ますので、リーダーの発信力が大きなキーポイントです。

加えて、観光局や振興公社、ハクババレーツーリズムなど各種観光組織・団体の役割を整理し、このエリアの観光を牽引する組織体制をさらに強化していきます。それらの組織にこれまで所属して実態を把握できていることは、私の大きな強みだと思っています。

また、宿泊業などで問題になっている後継者不在の事業者と起業希望者とのマッチングや、空き家・空き店舗の活用をすることにより、事業や建物の持続可能性も大切にしていきたいと思っています。

地域内経済循環の視点を常に持ち、白馬の中できちんと経済が回る、長期的に健全な観光地であり続けるよう取り組みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました