コロナ初感染確認の北朝鮮で発熱者35万人判明 一日で1万8000人余りが発熱 6人が死亡



新型コロナの一般動画

12日、新型コロナウイルスの感染確認を初めて発表した北朝鮮で、12日の一日で1万8,000人の発熱が確認され、これまでに35万人余りが発熱していたことがわかった。

北朝鮮メディアによると、12日の一日で1万8,000人余りが発熱し、6人が死亡、うち1人からオミクロン株への感染が確認された。

これまでに35万人余りに発熱の症状がみられ、原因不明の熱病が全土に拡大しているとしている。

金正恩(キム・ジョンウン)総書記が初めてマスク姿で現れた会議では、感染対策を担う防疫部門が無責任であり無能だ、と厳しく批判され、防疫部門の司令部への視察では、12日に命じた都市封鎖を徹底するよう指示した。

FNNプライムオンライン
www.fnn.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました