コロナウイルス9分で検出の新装置を開発(2022年5月26日)



新型コロナの一般動画

理化学研究所は、新型コロナウイルスをPCR検査並みの感度で
9分以内で素早く検出できる装置を、東京大学、京都大学などと開発したと発表しました。
新型コロナのPCR検査は、ウイルスの遺伝子があるRNA=リボ核酸を
DNAに変えて増やすため理研によりますと、診断まで30分から1時間程度かかります。
今回開発した装置では唾液などの検体に特殊な酵素や蛍光分子をまぜ、
ウイルスRNAが含まれる場合には蛍光を発して、直ちに陽性がどうかが判定できます。

理化学研究所・渡邉力也主任研究員「このような形で緑色に光っている試験管が出現してくる。
われわれの計測計ですと10個以上輝点ができた場合陽性と判定できる。」

検体を装置にセットしてから9分以内で陽性判定だけでなく、変異株の判定も出来るということです。

理化学研究所・渡邉力也主任研究員「新しく発見したものは迅速かつ正確に検出できるようになった。
今年度か来年度には社会実装できたらいいと思う。」

#理化学研究所 #9分 #東京大学 #京都大学 #新型コロナ #装置 #PCR検査 #RNA #酵素 #蛍光分子 #陽性 #10個以上 #変異株

コメント

タイトルとURLをコピーしました