【緊急配信】WHOがサル痘で緊急事態宣言 新型コロナ以来の最高警告 2022年7/24最新【重要情報】



新型コロナの一般動画

2022/7/24【占い】WHOがサル痘で緊急事態宣言 新型コロナ以来の最高警告 2022年7/24最新【重要情報】。ぜひ、ご覧下さい。

アカウント作成

個人用ツール

目次

ページ先頭
概要
感染源
感染経路
診断
症状
治療
流行

2022年のアウトブレイク
出典
参考文献
関連項目
外部リンク

サル痘

ページ
ノート

閲覧
編集
履歴表示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は英語版の対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2022年5月)
翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。
サル痘
Monkeypox.jpg
サル痘に感染した4歳女児の右腕と右足に生じた病変。1971年にリベリアで撮影。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野 感染症内科学
ICD-9-CM 059.01
MeSH D045908
KEGG 疾患 H00373
テンプレートを表示

サル痘(サルとう、英: monkeypox)は、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属(Orthopoxvirus)に属するサル痘ウイルス(Monkeypox virus)の感染を原因とする人獣共通感染症。日本では感染症法において四類感染症に指定されている。また低温、乾燥に強く、エーテル 耐性であるが、アルコール、ホルマリン、紫外線で容易に不活化される。
概要
サル痘ウイルス(一番左)の大きさの比較
左からサル痘ウイルス・ヒト免疫不全ウイルス・SARSコロナウイルス・ポリオウイルス

1958年にポリオワクチン製造のため、世界各国から霊長類が集められたコペンハーゲンの研究施設にてシンガポールから輸入されたカニクイザルより分離された[1]。

上記の経緯から「サル痘」と名付けられているが、遺伝子解析の結果、自然宿主(病原巣、レゼルボア)はげっ歯類と考えられており、ヒトからヒトへの感染は日常生活においては稀である事[2]から、そこから感染が広がる事は少ないという意味で、ヒトは終宿主に近い位置にあると考えられる。

人間への感染は1970年にコンゴ民主共和国で初めて確認され、最終的に11か国から患者が発生した[3]。エンベロープを有するウイルスのため、消毒薬に対する抵抗性は比較的低い。中央アフリカおよび西アフリカの熱帯雨林においてげっ歯類やサルなどの間で感染環を形成している。接触感染やヒトからヒトへの感染も成立し、ヒトでは発熱や発痘を主徴とする天然痘のような症状を示すが、比較的症状は軽度であり、感染力も天然痘より劣ると考えられている。ヒトにおける死亡率は1%から10%程度[4]。非流行地域ではサルの検疫が重要である。種痘はサル痘の予防に有効とされることがある[5]。

サル痘ウイルスには大きく分けてコンゴ盆地系統群(クレード)と西アフリカ系統群の2種類の遺伝的系統群があり、コンゴ盆地系統群は西アフリカ系統群に比較して死亡率が高く、またヒトからヒトへの感染性が高いとされる[6]。
感染源

自然宿主はげっ歯類とされる。
感染経路

ヒトからヒトへの飛沫感染や接触感染も感染経路の一つであるとされているが、基本的に、この病気はウイルスに感染したサルやげっ歯類による咬傷、また、それらの加熱不十分な肉の摂取による感染が報告されていて、野生動物の肉の取り扱い中、動物の咬傷、体液、汚染された物体、または感染者との密接な接触によって伝染する[3]。
診断

発疹が表れる疾患(天然痘、水疱瘡、はしか、アレルギー等)との判別が必要であり、本疾患特有のリンパ節の腫れ(天然痘や水疱瘡では腫れが起こらない)やPCR検査でウイルスの存在を確認する。
症状
サル痘病変の発生段階

潜伏期間は7日から21日[3]。その症状は、発疹(顔面及び手足の末端に多く発生し、時間の経過で水疱から膿疱となり痂皮がみられるようになる)、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、リンパ節腫脹などであり[3]、発症後2週間から4週間で症状は軽快する。

上記のとおり死亡率は1%から10%とされており[3]、ナイジェリアでは2017年から2022年に558人の患者が発生し、8人が死亡している[7]。2003年のアメリカ合衆国の流行では死者は出ていない[3]。
治療

確立された治療法がないため、対症療法を行う[3]。ただし種痘が効果があるとされている[3]。
流行

2003年にはアメリカ合衆国でガーナから輸入されたアフリカオニネズミが原因とみられる流行が起きて71人の患者が発生した(2003 Midwest monkeypox outbreak)[3]。2015年6月11日にフジテレビの『奇跡体験!アンビリバボー』で詳細に紹介された[8]。
2022年のアウトブレイク
Ambox currentevent.svg
この節は最新の出来事を扱っています。記載される内容は出来事の進行によって急速に変更される可能性があります。(2022年5月)
詳細は「2022年のサル痘流行(英語版)」を参照

2022年には欧米諸国で感染例が確認されている[9]。イギリスの保健当局は5月18日までにサル痘の患者9人を確認した[9]。

2022年5月20日、欧州全域で100人を超える感染および感染疑い例が確認される[10]。世界保健機関 (WHO) がサル痘の感染状況を巡り緊急会合を開く[10]。
チェンナイ国際空港でのサル痘検疫の様子

2022年6月9日、世界での感染者数が1000人を超えた。

2022年6月26日、世界での感染者数が3000人を超えた。

2022年7月14日、世界での感染者数が1万人を超えた。

2022年7月23日、世界保健機関がサル痘の緊急事態宣言(PHEIC)を発表した。[11]

#占い#サル痘##WHO#トランプ占い#自民党#今後#自由民主党#テドロス#ファウチ#ビルゲイツ#トランプ大統領#バイデン大統領#アメリカ#事務局長#岸田文雄#コロナ#重要情報#人口削減計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました