【新型コロナ影響】広島県呉市で指定可燃ごみ袋が不足



新型コロナの一般動画

広島県呉市は新型コロナの影響で
可燃ごみ用の指定袋が不足しているとして、代用品の使用を認めることになりました。

不足しているのは呉市が可燃ごみ用に指定するビニール製のごみ袋です。

呉市によると、ごみ袋の不足は8月下旬ごろから起きていました。

大分県の製造工場が新型コロナウイルスの影響で稼働制限しているためだとしています。

呉市内の取扱店でも品薄の状態が続いていることから
来月3日から11月末までは指定ごみ袋に加えて、
透明か半透明の袋でも代用できるとしています。
市はホームページやチラシなどを通じて市民への協力を呼びかけています。
《2022年9月22日(木)広島テレビ『テレビ派』で放送》

#ごみ袋 #広島県呉市 #広島 #広テレ #広島テレビ #テレビ派

■■■広島テレビニュースツイッター■■■
twitter.com/HTV_news4

コメント

タイトルとURLをコピーしました