【新型コロナ】類型見直し議論「5類移行は必要」意見多く 厚労省の専門部会



新型コロナの一般動画

新型コロナウイルスの感染症法上の類型の見直しについて厚生労働省の専門部会で23日議論され、「5類への移行は必要」などと意見が交わされました。

「感染症部会」では、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを、現在の「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」への変更が可能か、専門家や自治体関係者らの意見が交わされました。

委員からは、「現在の類型では医療が限定されている」などとして、「5類への移行は必要」との意見が多く出ました。

その上で「臨時の医療施設は一定期間、継続すべき」や、「院内感染対策への支援やワクチンの公的補助は必要」などとして、段階的に移行すべきなどの意見が出ました。

一方、マスク着用については、類型の見直しで感染リスクが増すため、「同時にマスクを不要としたり、着用ルールを緩和したりすることは非常に危険で、時期尚早」との意見も出ました。
(2023年1月23日放送「news every.」より)

#5類移行 #新型コロナウイルス #厚労省 #日テレ #newsevery #ニュース

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook www.facebook.com/ntvnews24
Instagram www.instagram.com/ntv_news24/?hl=ja
TikTok www.tiktok.com/@ntv.news
Twitter twitter.com/news24ntv

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP
news.ntv.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました