【専門家解説】”夏にコロナ感染再増加は不可避”…えっ!給食時の「黙食」は科学的根拠弱い?医療ひっ迫は避けられる?(2022年6月16日)



新型コロナの一般動画

新型コロナの感染状況は横ばいが続いていますが、この夏に再び感染拡大することも懸念されています。

理由は①免疫の衰退②夏休みの接触増③株の置き換わり。これに対し、大阪公立大学大学院の城戸康年教授は、免疫の衰退による感染者再増加は考えられるが、ワクチンの重症予防効果はあるので「医療ひっ迫」や緊急事態宣言のような「社会活動の制限」は起きないのではといいます。

また屋外でのマスクは必要なく、学校給食の「黙食」についても行動制限のデメリットが大きく、科学的根拠が弱いということです。
(2022年6月16日 MBSテレビ「よんチャンTV」より)
 
▼MBS NEWS HP
www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#新型コロナ #ワクチン #黙食 #科学的根拠 #城戸康年教授 #MBSニュース #毎日放送

コメント

タイトルとURLをコピーしました