【占い】【チャンネル登録者限定】新型コロナウィルス  今後3ヶ月間のコロナについて占う  2022年8月・2022年9月・2022年10月 8月・9月・10月



新型コロナの一般動画

2022/8/1 【占い】新型コロナウィルス  今後3ヶ月間のコロナについてを占ってみました。結果は、動画をご覧下さい。あくまで占いですので、ご容赦お願い致します。新型コロナウィルス  今後3か月間のコロナについてを占ってみました。ぜひ、ご覧下さい。2022年8月・2022年9月・2022年10月 8月・9月・10月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曖昧さ回避 この項目では、新しく発見されたコロナウイルス全般について説明しています。

2019年に発見された新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)については「SARSコロナウイルス2」をご覧ください。
上記ウイルスによる感染症については「新型コロナウイルス感染症 (2019年)」をご覧ください。
上記ウイルスによる感染症の世界的な流行事態については「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」をご覧ください。

新型コロナウイルス(しんがたコロナウイルス、英語: Novel coronavirus, nCoV)とは、コロナウイルス科オルトコロナウイルス亜科に属するウイルスのうち、医学上、公衆衛生上重要なものについて名付けられる暫定的名称である[1][2][3][4]。

特にヒトコロナウイルスにおいて多用される。(ヒト)コロナウイルスは人類に対する風土病と考えられており、風邪(普通感冒)様症状を引き起こすが、種間伝播(英語版)により、しばしば肺炎を伴う重篤な感染症として流行する[1][2][3][4]。
ウイルスの種類

以下のウイルスは正式名称が命名されるより以前に新型コロナウイルスとして位置づけられていたものである。
ヒトに病原性を持つ新型コロナウイルスの種類 正式名称 他の呼称 感受性宿主[† 1] 初発見場所(発見年) 感染症
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)[† 2][5][6] 2019-nCoV
SARSウイルス2 (SARS virus 2)
ヒトコロナウイルス2019 (HCoV-19) コウモリ、鱗甲目 中国・武漢(2019年) 新型コロナウイルス感染症 (2019年) (COVID-19)[† 3][4][7]
MERSコロナウイルス (MERS-CoV)[† 4] 中東ウイルス
MERSウイルス
ラクダインフルエンザウイルス ラクダ、コウモリ サウジアラビア・ジッダ(2012年) 中東呼吸器症候群 (MERS)[8][9]。
ヒトコロナウイルスHKU1 (HCoV-HKU1) ニューヘブンウイルス[注釈 1] ネズミ 香港 (2005年) 軽度の気道感染症、まれに重篤な肺炎症状
SARSコロナウイルス (SARS-CoV, SARS-CoV-1)[† 2] SARSウイルス ハクビシン、コウモリ 中国・仏山(2002年) 重症急性呼吸器症候群 (SARS)[9]

^ 種間伝播(英語版)が継代しない場合がある。
^ a b このウイルスは別種ではなく、SARS関連コロナウイルスの株の一つと考えられている。
^ 同義語には2019コロナウイルス肺炎、武漢肺炎症候群などがある。
^ HCoV-EMC/2012(英語版)、London1_novel CoV/2012(英語版)の株を含む。

以上の4ウイルスはいずれもベータコロナウイルス属(Betacoronavirus)に属する。
語源

新型コロナウイルスの「新型」には、既知のウイルス科分類に属する新しい病原体という意味がある。すなわち、新型コロナウイルスは、コロナウイルス科(またはその下位分類)に属する新しい病原体という意味である。全く未知の新しい病原体という意図はない。「新型○○」という単語の使用は、2015年にWHOが決めた新しい感染症命名スキームに準拠している[10][11][12]。

歴史的に病原体は場所・個人・特定の種にちなんで名付けられる慣行が多くあったが、その慣行は現在WHOによって支持されていない[10][11][12]。

ウイルスと病気の恒久的な正式名称は、それぞれICTVとWHOの国際疾病分類 (ICD)によって決定される。
詳説

2002年 SARSコロナウイルス (SARS-CoV)[13] – 2002年11月頃から2003年7月にかけて流行した重症急性呼吸器症候群 (SARS)の原因となるウイルス。2003年当時は「新型コロナウイルス」とも呼ばれていた[14][注釈 2]。
2005年 ヒトコロナウイルスHKU1 (HCoV-HKU1)
2012年 MERSコロナウイルス (MERS-CoV)- 2012年7月にエラスムス大学医療センターでコロナウイルスが分離されたため、当初はHCoV-EMC(Human coronavirus- Erasmus Medical Center, ヒトコロナウイルス-エラスムス大学医療センター)とも呼ばれていた[19]。当初は「新型コロナウイルス」等と呼ばれていた[19][注釈 3]が、2013年5月に国際ウイルス分類委員会が病原体名を「Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)」と命名[29]、WHOの決定を受けて[30]、厚生労働省はウイルスの名称をMERS(マーズ)コロナウイルスと名付け、感染症名を中東呼吸器症候群 (MERS)と決定した[8]。但し、報道では2015年の韓国での流行時にも「新型コロナウイルス」という表現がみられた[31][32]。
SARSコロナウイルスを「新型コロナウイルス」、MERSコロナウイルスを「SARSとは別の新型コロナウイルス」と表現した例もある[33]。
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) – 2019年新型コロナウイルス。2019年11月に初感染者が出て、2020年1月に新型のコロナウイルスであることが確認された。
新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) – 上記のウイルスにより引き起こされるこの疾患(呼吸器疾患等症状)そのものを単に指す場合もある。「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」も参照。
その他の関連する事項は「Category:2019新型コロナウイルス感染症」を参照。

#占い#新型コロナ#感染#トランプ占い#今後を占う#占う#ケンタウロス#未来#今後#第7波#第8波#コロナワクチン#未来#接種#感染爆発#感染拡大#オミクロン株#BA2.75#BA5

コメント

タイトルとURLをコピーしました