【休業支援金・給付金】コロナの影響で勤務先が休業となったり、勤務時間の短縮やシフト勤務の削減などが生じ、事業主から休業手当の支給がされない従業員(労働者)の方が対象となる支援金・給付金の解説です



新型コロナの一般動画

コロナの影響で業績が悪化し、従業員を休業させた場合は、休業手当を事業主は支給しないといけませんが、休業手当を支給されなかった従業員(労働者)の方に対して国が休業支援金・給付金を支給します。パート主婦やアルバイトの学生も対象です。シフト勤務の減少、勤務時間の縮小、勤務日の休業等に対して申請すると給付金が支給される可能性があります。事業主の協力が得られない場合はご自身のみの申請も可能です。郵送またはオンラインにて申請できます。

福岡県(北九州市、行橋市、苅田町、みやこ町、田川郡、田川市、豊前市、築上郡、福岡市、飯塚市、直方市)、山口県下関市、大分県中津市などを中心に活動しています。
オンラインにて全国対応(zoom、LINE、メール、電話など)の実績もございます。

ご連絡お待ちしております。
福岡県行橋市
中村彰利社会保険労務士事務所
社労士 中村彰利
nakamura4604@hotmail.com

#休業
#休業支援金
#給付金
#休業手当
#雇用調整助成金
#雇調金
#休業支援給付金
#助成金
#コロナ感染
#コロナ休業
#労務管理
#社労士
#社会保険労務士
#社労士試験
#総務
#管理部
#労務
#休業補償
#休業要請

コメント

タイトルとURLをコピーしました