「沖縄で感染急拡大」週刊グラフで見る新型コロナ(2022年5月13日)



新型コロナの一般動画

週刊グラフで見る新型コロナ、まずは都道府県別の新規感染者を曜日の影響を受けない
7日間の平均で見てみましょう。
4月中は大都市を中心に感染者数は減り続けました。
ゴールデンウィーク期間にはさらに急激に減りほぼ半減しましたが、
これは検査数が減った影響と見られて、今はほぼゴールデンウィーク前の水準に戻っています。

続いて地域の感染状況の深刻さを見るために、人口10万人あたりの1週間の感染者を見てみましょう。
第6波のリバウンドが起きているとみられる沖縄が最も深刻で、ついで九州の各県や、
北海道など地方での感染が深刻になっています。
沖縄はGW後に感染者数がさらに増えて、今は900人を超えて1,000人に迫る深刻さになっています。

※「新規感染者」は厚生労働省や各自治体の発表をもとに、報告された陽性者を
テレビ東京がまとめたものです。
※「1週間毎の新規感染者」はその日からさかのぼって7日間の陽性確認者を足したものです。
※「1週間毎の新規感染者(人口10万人当たり)」で使用している人口は2019年10月時点です。

#オミクロン株#リバウンド#第7波

コメント

タイトルとURLをコピーしました